_A030083.jpg

地球想いの生産者、料理人、食の専門家が、日常のアクションを考えるきっかけをくれる2日間。

 
ABOUT
イベントについて

We Feed The Planet Japan 2020

- 地球を想う、おいしい選択会議 -

「食」というのはいつの時代も、どんな人であっても関わりを持っている分野です。

You are what you eat.  食べ物はその人そのものをあらわします。

同時に、「食」は多くの問題の原因ともなっています。

食の大量生産ラインは、地球の生態系を崩し、多様性を奪い、

多くの環境問題を引き起こしています。

少数の企業による市場の独占、森林伐採による農地の減少、温室効果ガスの増加、

そして百億人もの栄養失調者がいながらも、

二百億人もの人間が食べ過ぎによる健康問題を抱えているなど、

地球が抱える矛盾は数を挙げればきりがありません。

言葉を変えれば、このフードシステムを改善することは、

貧困、飢餓、汚染、紛争を解決することに通じます。

1980年代以降に生まれた私達の世代は、「フードシステム」というものが

当たり前のように存在しているという意識があるかもしれません。

しかし、自分たちの望むシステムは、自分たちの手で創り、変えていくということに

目を向けていかなければなりません。

「地球」という名の船に乗る船員として、存在している問題に目を向け、

どんな解決策が考えられるのか、

 

どうやってこの食のシステムを少しでも良いものにしていけるか、

私達の世代が本格的に舵をとる前に、考え、行動する必要があります。

 

We Feed The Planet Japan 2020。

食べるところから、ACTIONが起こせる機会をつくります。

「おいしかった」で終わらない、「おいしい」を入口に気づくこと、動けることがある。

地球のために、「おいしい」を入口に、わたしたちにできることを考え、選択する2日間へ。

お問い合わせ
開催の背景
ワークショップ
トーク&イートセッション
出店者情報
開催概要
イベントについて
EVENT
開催概要

  • 日程:2020年11月21日(土)・22日(日)10:00~18:00

  • 場所:デザイン・クリエイティブセンター神戸 KIITO(ホール)
    *兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4  アクセスはこちら

  • 参加費:入場無料(プログラムにより一部予約制・有料)

  • プログラム内容:

    • TALK & EAT セッション

    • 生産者や料理人の出店

    • TASTE ワークショップ

    • 展示

  • イベント案内役

​ガイド役となって、イベント全体の進行役を務めていただきます。

生江 史伸

フランス料理「L'Effervescence」

エグゼクティブシェフ

​小野寺 愛

一般社団法人「そっか」共同代表

TOKYO FM「サステナ・デイズ」パーソナリティ

​スローフード三浦半島

 
EXHIBITOR
出店者情報

日本全国から、地球の未来を想う生産者が集結します。出店者情報は随時公開しています。

 
TALK & EAT SESSION

日常の食の選択のヒントを持ち帰ってもらうためのセッションの数々を企画しています。

実際に食べて、五感で体験するEATセッションは要事前申込。

​テーマは以下の6つ。登壇者などの詳細も随時公開していきます。

有機野菜

野菜ってどうやって選ぶ?

-種から考える暮らし-

ブラウンベーグル作曲

肉/乳製品はサステナブル?

-人と動物の関係性を考える暮らし-

装飾されたグルメ・食事

どんなところで外食する?

-飲食店の選択で何が変わるか-

ビール

どんなお酒を飲む?

-生態系が生む酒のある暮らし-

tpc-foo-shoyukiko-026-photo1.jpg

どんな調味料で料理する?

-伝統のある暮らし-

漁網

魚ってどうやって選ぶ?

-日本の漁業から見る暮らし-

 
TASTE WORKSHOP

各分野の専門家が講師となり、味覚を通じて食を学ぶワークショップを企画しています。

随時詳細公開予定です。

 
BACKGROUND
開催の背景

<スローフードとは>

スローフードとは、1986年にイタリアで発祥したムーブメントであり、国際団体です。おいしく健康的で(GOOD)、環境に負荷を与えず(CLEAN)、生産者が正当に評価される(FAIR)食文化を目指しています。食べ物には、あらゆる地域の伝統・叡智・喜びなどが込められています。地球や社会の環境が大きく変わろうとしている今、様々な分野や世代を越えて多様性に満ちた持続可能な暮らしを考えていかなければなりません。スローフードは、食を通して、皿の外にある見えない味付けを考え、楽しく美味しくアプローチしています。

参考

日本スローフード協会ホームページ

スローフードインターナショナル国際ホームページ

スローフードユースネットワーク国際ホームページ

<これまでの経緯>

・2015年、ミラノ万博に合わせて、Slow Food Youth Network(SFYN: スローフードのグローバル若者ネットワーク)が中心となって「We Feed The Planet」を開催しました。世界中から、40歳以下の農業者・漁業者・研究者・食のアクティビストが2500人集結し、3日間の多岐にわたるテーマでのカンファレンス・ワークショップなど行いました。

・2016年にトリノで「SFYN Tank」を開催。99人のメンバーが9つのグループに分かれ、食の重要課題について1日かけて改善策を練る、ワークショップを開催しました。

・世界のSFYNメンバーと話し合う中で、同じ志を持った世界中の仲間と話すことが重要なのはもちろんのこと、西洋の視点から考えるだけではなく、日本とアジアの文脈でも話し合う必要性を感じて、帰ってきました。アジアの国々で実際に何が起こっているのか?何を解決すべきなのか?そんなことを考える場所を作りたいと思いました。

・2017年、神戸市にアジアから50名の食のアクティビストが集うと共に、日本全国から食の分野で活躍する方々をお招きし、ミラノに次いで世界で2回目のとなるWe Feed The Planetが開催されました。3日間のカンファレンスやワークショップを通じて、食の未来についてアクションを起こす若者のプラットフォームが構築されました。

​参考

We Feed The Planetホームページ

SFYN Tank リポート

<食都神戸とは>

​神戸市では、平成27年度から、都市地域と農漁業地域が近接した神戸独自のポテンシャルを最大限に活用し、神戸産農水産物を使用した飲食店等の拡大、里山の木材や環境を活用した商品開発など、農を活用した食ビジネスを市内全域に展開し、国内外に発信する戦略として「食都神戸」を掲げ、世界の人々が集い、食で賑わう食文化の都の創造をすすめています。

 
CONTACT
お問い合わせ
 
  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle

© 2020 Proudly created with Slow Food Nippon